安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

公開日: 更新日:

 16日に完全引退した安室奈美恵(40)。彼女ほど地元沖縄に愛されたアーティストはいない。15日のラストライブの前には空港の柱に始まり、那覇市内は、市役所、銀行、国際通りのフラッグまで安室一色。市内を走るモノレール・ゆいレールの駅では安室の曲がBGMで流れ、車内の吊り広告にも安室だ。ライブが行われたコンベンションセンター行きのバスの正面とサイドの電光掲示板には、通常の行き先とともに「WE❤NAMIE」の文字が表示され、ピンクの安室ラッピングバスも走るなど、公共機関まで積極的に参画していた。

「人気がこんなに凄いとは思わなかったね。もともと地元・沖縄の歌手はみんな好きだけどね、15日は(ライブ会場の)コンベンションセンターまで何往復したか……10往復、いや20往復したかな。しかも、世界中から来るから驚いたよ」と語るのは地元のタクシー運転手。レンタカーは島内で約1000台が稼働、ホテルは満杯で「16日は100人単位で宿泊者の入れ替えがあり、大変でした」というゲストハウスのスタッフの声も。安室の引退ライブ前後1週間の経済効果たるや有史以来という声まで上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  3. 3

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  4. 4

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  5. 5

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    石破氏が衝撃発言 改めて震撼する前法相夫妻巡る国家犯罪

  9. 9

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  10. 10

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

もっと見る