BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

公開日:

「第69回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日、発表された。最大の注目は徴用工問題や、原爆Tシャツ問題で揺れに揺れている韓国勢の動向だ。

 2011年には「東方神起」「KARA」「少女時代」の3グループが出場した韓国勢だが、翌12年は、竹島問題の影響で出場者はゼロ。前回の二の舞が懸念されていたが、結果的に9人組ガールズグループのTWICEが当選した。BTSは原爆Tシャツ問題の当事者だけに落選は理解できる。しかし、東方神起の落選は不可解だ。

 日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏が言う。

「TWICEにはモモ、サナ、ミナの日本人3人が所属。『グローバル・ガールズグループ』としての特色、意味合いが強く、韓国色が薄い。そのため、原爆Tシャツ問題などの影響をダイレクトに受けることがなく、視聴者からの反発も少ないと予想されます。また、10代、20代のファンが多く、NHKが取り込みたいファン層と一致しているため、視聴率の起爆剤として期待されているのではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  4. 4

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

もっと見る