“原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

公開日:  更新日:

「第69回 NHK紅白歌合戦」の出場歌手が14日、同局で発表され、“原爆Tシャツ”“ナチス帽”問題で波紋を呼んでいる韓国の7人組男性グループ「BTS」(防弾少年団)は大方の予想通り、落選した。

 日本のメディアは「BTS落選」と騒いでいるが、当事者のBTSにとっては痛くも痒くもないはずだ。

 BTSは13日から全国4都市9公演のドームツアーをスタートした。ツアー公演のチケットはいずれも完売で、約38万人を動員予定。先行販売で4500円した「公式ライトスティック」などのグッズも飛ぶように売れていて、ひっくるめると100億の売り上げが見込まれるという。ドーム公演終了後も、ガンガン稼ぐつもりらしい。

「BTSは今回の騒動と関係なく、世界中から出演オファーが殺到しています。すでに日本でも、来年度のスケジュール調整が水面下で行われているようです。BTSのファン層は10代、20代の若い女性が多い。高齢の視聴者が多い紅白に落選しようがしまいが、BTSの人気には全く影響はありません」(日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る