日本デビュー決定 「MAMAMOO」は「TWICE」を超えられるか

公開日:  更新日:

「TWICE(トゥワイス)」「BTS(防弾少年団)」に続いてK―POPブームを牽引することはできるのか。

 韓国で10代、20代の同世代の女性を中心に圧倒的人気の女性4人組グループ「MAMAMOO(ママム)」が間もなく日本デビューする。10月3日には、シングル「Decalcomanie―Japanese ver.―」(ビクターエンタテインメント)をリリース。10月5日の大阪公演を皮切りに東京、名古屋の全国3カ所でコンサートツアー開催も決定した。一体どんなグループなのか。

 韓国メディアの記者が言う。

「2014年に『Mr.曖昧模糊』で韓国国内でデビューすると、17年の単独コンサートチケットを1分で1万席完売したという逸話があるほどの人気です。魅力はレトロな音楽に合わせた歌唱力で、これまでの韓国グループと比べてもずばぬけています。韓国では音楽番組チャート1位の常連。韓国でトップになったら、日本デビューの声がかかる流れがあります。今回は順当だと思います。日本でも昨年開催された単独ライブのチケットが完売するなど人気も上々です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る