クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

マザー!(2017年、米国)

公開日: 更新日:

 美女が業火に焼かれるシーンから始まる。難解でグロい映画は、デビッド・リンチやデビッド・クローネンバーグの十八番だが、本作のダーレン・アロノフスキーの演出力もスゴイ。

 舞台は、自然に囲まれた郊外の一軒家。若き美人妻に支えられた著名な詩人の夫はスランプ状態ながら、そこに夫のファンだと称する老人が訪れる。不審に思う妻をよそに、夫は老人を泊めてしまう。

 老人をキッカケに、一軒家には次から次へとおかしな人が押し寄せ、不可解な行動が沸き起こっていく。それはやがてエスカレートしていき、暴力、殺人、セックス、戦争が……。

「ブラック・スワン」で注目されたアロノフスキーが描く世界は、まるで悪夢に叩き込まれたかのような錯覚を覚える。平穏な生活はやがて狂乱の世界と化す。ついにブチ切れた妻は、夫の目の前で焼身自殺。その瞬間、「愛してる」と囁く夫に妻が放った言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  7. 7

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る