クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

マザー!(2017年、米国)

公開日:

 美女が業火に焼かれるシーンから始まる。難解でグロい映画は、デビッド・リンチやデビッド・クローネンバーグの十八番だが、本作のダーレン・アロノフスキーの演出力もスゴイ。

 舞台は、自然に囲まれた郊外の一軒家。若き美人妻に支えられた著名な詩人の夫はスランプ状態ながら、そこに夫のファンだと称する老人が訪れる。不審に思う妻をよそに、夫は老人を泊めてしまう。

 老人をキッカケに、一軒家には次から次へとおかしな人が押し寄せ、不可解な行動が沸き起こっていく。それはやがてエスカレートしていき、暴力、殺人、セックス、戦争が……。

「ブラック・スワン」で注目されたアロノフスキーが描く世界は、まるで悪夢に叩き込まれたかのような錯覚を覚える。平穏な生活はやがて狂乱の世界と化す。ついにブチ切れた妻は、夫の目の前で焼身自殺。その瞬間、「愛してる」と囁く夫に妻が放った言葉だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る