クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

トゥルーマン・ショー(1998年、米)

公開日: 更新日:

 平凡な青年トゥルーマンの日常は、24時間監視カメラで全世界にリアリティー番組として放映されていた。周囲は全て虚構で、生まれてから一度も巨大スタジオから外に出たことがない。それに気づくと、命懸けで外界への逃亡を画策する。

「スタジオ内で今まで通りに生活した方が安全だ」

 逃亡を翻意させようとしたプロデューサーにラスト、トゥルーマンが投げた言葉だ。

 昨年公開された「ザ・サークル」は、「いいね」欲しさに自分の24時間を世界に配信した若い女性の愚かさを描いたサスペンス。監視社会を痛烈に風刺したシナリオは似ているが、完成度は断然こちらが上だ。

 そのシナリオは、フィリップ・K・ディップの原作本のプロットを参考に作られたオリジナルでパンチが利いている。たとえば、晴天の空からなぜかライトが落ちてきたり、スタジオ内の生活を乗り切るため健康維持にビタミンDを知らずに摂取させられていたり。細かいところに工夫が施されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る