クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

トゥルーマン・ショー(1998年、米)

公開日: 更新日:

 平凡な青年トゥルーマンの日常は、24時間監視カメラで全世界にリアリティー番組として放映されていた。周囲は全て虚構で、生まれてから一度も巨大スタジオから外に出たことがない。それに気づくと、命懸けで外界への逃亡を画策する。

「スタジオ内で今まで通りに生活した方が安全だ」

 逃亡を翻意させようとしたプロデューサーにラスト、トゥルーマンが投げた言葉だ。

 昨年公開された「ザ・サークル」は、「いいね」欲しさに自分の24時間を世界に配信した若い女性の愚かさを描いたサスペンス。監視社会を痛烈に風刺したシナリオは似ているが、完成度は断然こちらが上だ。

 そのシナリオは、フィリップ・K・ディップの原作本のプロットを参考に作られたオリジナルでパンチが利いている。たとえば、晴天の空からなぜかライトが落ちてきたり、スタジオ内の生活を乗り切るため健康維持にビタミンDを知らずに摂取させられていたり。細かいところに工夫が施されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  5. 5

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    7歳児が母の形見を紛失! テディベア捜索作戦の嬉しい結末

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る