クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

黙秘(1995年、米)

公開日: 更新日:

 家政婦のドロレスは、一人娘のためにコツコツと貯めたおカネをアル中夫に解約されてしまう。ひどい夫は、あろうことか娘を性的虐待。絶望する彼女に、富豪の未亡人ヴェラが囁いた言葉だ。それに続けて、「そして夫は遺産を残すのよ」とつぶやく。

 映画は、ドロレスが雇い主のヴェラを殺害しようとするショッキングなシーンから始まる。夫がぐうたらで、とにかくダメな男だから、ドロレスにすぐ感情移入できる。そこに母と娘、未亡人との駆け引きや心理劇が重なり、ぐいぐい引き込まれていく。

 ドロレス役のキャシー・ベイツは、傑作スリラー「ミザリー」で鬼女を演じ、オスカーに輝く。その演技に惚れたスティーブン・キングが、彼女のために書き下ろしたのが本作なのだ。女優冥利に尽きるだろう。

 原作はホラー色が強いが、映画はシリアスな人間ドラマとして奇麗に描いている。キングの巧妙なストーリーテリングは絶品だ。監督は、「愛と青春の旅だち」で名を馳せたテイラー・ハックフォード。骨太かつ繊細な人間ドラマを得意としている。

 皆既日食の最中、ドロレスが夫を殺そうとするシーンは目を見張るはずだ。映像とスリリングな演出が見事に調和し、息をのむほど美しい。ミステリー好きにはたまらない人間ドラマの秀作だ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る