クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

「クリード チャンプを継ぐ男」(2015年、米)

公開日: 更新日:

 シルベスター・スタローンがつくり上げたロッキー像は、ボクシング映画の名キャラ。その第1作で戦った盟友アポロが愛人に産ませた子供アドニスは、父の思い出がなく、その面影を追いかけてプロボクサーの道へ。老いたロッキーをトレーナーに迎えてデビューする。

 1ラウンドのゴングが鳴る瞬間、ロッキーが投げかけた言葉だ。初戦は2ラウンドKOだが、実は1ラウンドからワンシーンで撮っている。自分もまるでリング内にいるような錯覚を覚え、圧倒される。迫力満点のシーンの連続だ。

 ロッキーシリーズのストーリーは、大人の夢物語なのだろう。が、「ファイナル」に至っては、50歳を過ぎてリングに上がるなど、ボクシングなのかプロレスなのか。でも、本作はいい意味でベタさが生きている。老いたロッキーが病魔と闘いながらアドニスを指導する姿は、現実味があり、感情移入しやすい。見応えがあるのは、監督&脚本を手掛けた黒人ライアン・クーグラーがしっかりロッキーを研究して、その魂を引き継ぎながら、原案を練り上げ、映像化しているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る