クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

フラットライナーズ(1990年、米国)

公開日: 更新日:

「死ぬにはいい日和だ」

 昨年公開されたリメーク版の原作である青春SFスリラーは、医大生ネルソンのそんな言葉で始まる。死後の世界に興味を抱き、大学の仲間を誘って臨死体験をしようとする。もちろん、仲間は反対。それに応じた言葉である。

 そんな仲間を説得して臨死体験を行うと、見事成功。投薬により、1分間の脳死状態から蘇生させるために仲間が必死になるシーンは緊迫し、ドキドキする。

 その成功を受けて、仲間3人も臨死体験を敢行。が、実験後は、4人そろって奇妙な幻影に取りつかれるハメに。ほどなく、それぞれが過去のトラウマに伴う幻影だと分かる。

 ネルソンを演じるのは「24」シリーズで名前を売ったキーファー・サザーランドで、ケビン・ベーコンやジュリア・ロバーツらが仲間を名演。リメーク版より本作の方が、演出や脚本に力強さがあって面白い。名優たちの若かりしころの姿が新鮮だし、展開はスリリングかつスピーディー。最後まで一気に見られてしまう。

 死後の世界は、ミステリーの永遠のテーマ。たとえば、ロビン・ウィリアムズが主演した「奇蹟の輝き」は、油絵のようなビジュアルが美しく、アカデミー賞を受賞しているが、ストーリーは陳腐でイマイチ。「奇蹟――」より8年前、今から28年前の作品でも、完成度は本作が抜群だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る