クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

フラットライナーズ(1990年、米国)

公開日: 更新日:

「死ぬにはいい日和だ」

 昨年公開されたリメーク版の原作である青春SFスリラーは、医大生ネルソンのそんな言葉で始まる。死後の世界に興味を抱き、大学の仲間を誘って臨死体験をしようとする。もちろん、仲間は反対。それに応じた言葉である。

 そんな仲間を説得して臨死体験を行うと、見事成功。投薬により、1分間の脳死状態から蘇生させるために仲間が必死になるシーンは緊迫し、ドキドキする。

 その成功を受けて、仲間3人も臨死体験を敢行。が、実験後は、4人そろって奇妙な幻影に取りつかれるハメに。ほどなく、それぞれが過去のトラウマに伴う幻影だと分かる。

 ネルソンを演じるのは「24」シリーズで名前を売ったキーファー・サザーランドで、ケビン・ベーコンやジュリア・ロバーツらが仲間を名演。リメーク版より本作の方が、演出や脚本に力強さがあって面白い。名優たちの若かりしころの姿が新鮮だし、展開はスリリングかつスピーディー。最後まで一気に見られてしまう。

 死後の世界は、ミステリーの永遠のテーマ。たとえば、ロビン・ウィリアムズが主演した「奇蹟の輝き」は、油絵のようなビジュアルが美しく、アカデミー賞を受賞しているが、ストーリーは陳腐でイマイチ。「奇蹟――」より8年前、今から28年前の作品でも、完成度は本作が抜群だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る