静香の手腕は…キムタク次女コウキ“具体的動きなし”の戦略

公開日: 更新日:

 木村拓哉(45)と工藤静香(48)夫妻の次女で、ことし5月末にファッション誌の表紙モデルで鮮烈デビューを果たしたKoki,(コウキ=15)。そのインスタグラムのフォロワー数が開設2カ月弱で100万人を突破したと一部テレビ誌が報じ、「国宝的美少女」と持ち上げている。

 インスタでは静香やカメラマン、プロデューサーらとパリなどで撮影した画像がメインだったが、最近は新幹線やタクシーなど移動中に至近距離で撮影したショットが投稿されるようになった。

 ジャニーズを長く取材するベテラン芸能記者が言う。

「インスタにどういった画像を投稿するとか、更新頻度などは当人の判断でしょうけれども、それを間近で見守っている母・静香の姿が目に見えるようです。なんといっても、静香はキムタクの反対を押し切って次女を業界にお披露目して、芸能界で売り出し中のステージママ。静香の事務所に所属させるという目もありますが、どこか大手プロかその系列に入れて、世間があっというような大きな仕事に取り組もうとしているところだと思います。ゆくゆくは親子共演というカードもありますが、いまのところジャニーズはキムタクに父親のイメージが濃くなるので次女との売り出しには難色を示しているようですけれど」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る