M-1優勝とろサーモンは苦節15年 お笑い芸人“極貧”の現実

公開日:

 吉本興業主催の漫才コンクール「M―1グランプリ2017」で4094組の頂点に立った「とろサーモン」の久保田和靖(38=写真右)は、「これから秒刻みの忙しさになっても全然平気でしょう。15年の貧乏で培った体力がありますから」と言った。

 宮崎日大高校の同級生である村田秀亮(38=同左)と02年にコンビを組んで15年目。村田は又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」のドラマ版で売れない芸人を演じており、「ドラマでの『売れたいな』は本気のセリフでした。上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つんばいになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていた」と目を光らせていた。

 ふたりは吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身だが、卒業したからといって、売れなければ食べていけないのが厳しい芸人の世界。

 村田はパチンコ店などでのアルバイトで食いつないでいたそうだが、それは同養成所出身の又吉も同じで、売れるまでは「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね。道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と日刊ゲンダイの「貧乏物語」のインタビューで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る