M-1優勝とろサーモンは苦節15年 お笑い芸人“極貧”の現実

公開日: 更新日:

 吉本興業主催の漫才コンクール「M―1グランプリ2017」で4094組の頂点に立った「とろサーモン」の久保田和靖(38=写真右)は、「これから秒刻みの忙しさになっても全然平気でしょう。15年の貧乏で培った体力がありますから」と言った。

 宮崎日大高校の同級生である村田秀亮(38=同左)と02年にコンビを組んで15年目。村田は又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」のドラマ版で売れない芸人を演じており、「ドラマでの『売れたいな』は本気のセリフでした。上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つんばいになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていた」と目を光らせていた。

 ふたりは吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身だが、卒業したからといって、売れなければ食べていけないのが厳しい芸人の世界。

 村田はパチンコ店などでのアルバイトで食いつないでいたそうだが、それは同養成所出身の又吉も同じで、売れるまでは「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね。道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と日刊ゲンダイの「貧乏物語」のインタビューで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  2. 2
    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

    日本スポーツ界はやっぱり“政府の犬” JOC山下会長「北京五輪ボイコット」めぐる発言で再露呈

  3. 3
    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

    TBS「報道特集」放送後に勃発! ネオニコ系農薬めぐり業界団体と研究者が“場外乱闘”

  4. 4
    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

    大谷翔平の私生活は謎だらけ…オフは婚活の貴重な時間、玉の輿狙いの女子アナたちは?

  5. 5
    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

    「おぼん・こぼん」の経済効果は絶大!水ダウが生んだ“犬猿の仲”芸人は2022年もガッポリ?

もっと見る

  1. 6
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 7
    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

    MLB労使交渉決裂は巨人に朗報? ロックアウト不可避で優良助っ人ゴロゴロ、日本球界は買い手市場に

  3. 8
    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

    ふるさと納税“返礼品パリピ”に再考促す自治体 東京23区などの税金流出は深刻

  4. 9
    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

    NMB48渋谷凪咲が“新バラエティー女王”に大躍進!毒舌でも天然ボケでもないユニークな魅力とは

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…