M-1優勝とろサーモンは苦節15年 お笑い芸人“極貧”の現実

公開日:

 吉本興業主催の漫才コンクール「M―1グランプリ2017」で4094組の頂点に立った「とろサーモン」の久保田和靖(38=写真右)は、「これから秒刻みの忙しさになっても全然平気でしょう。15年の貧乏で培った体力がありますから」と言った。

 宮崎日大高校の同級生である村田秀亮(38=同左)と02年にコンビを組んで15年目。村田は又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」のドラマ版で売れない芸人を演じており、「ドラマでの『売れたいな』は本気のセリフでした。上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つんばいになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていた」と目を光らせていた。

 ふたりは吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身だが、卒業したからといって、売れなければ食べていけないのが厳しい芸人の世界。

 村田はパチンコ店などでのアルバイトで食いつないでいたそうだが、それは同養成所出身の又吉も同じで、売れるまでは「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね。道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と日刊ゲンダイの「貧乏物語」のインタビューで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る