• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

M-1優勝とろサーモンは苦節15年 お笑い芸人“極貧”の現実

 吉本興業主催の漫才コンクール「M―1グランプリ2017」で4094組の頂点に立った「とろサーモン」の久保田和靖(38=写真右)は、「これから秒刻みの忙しさになっても全然平気でしょう。15年の貧乏で培った体力がありますから」と言った。

 宮崎日大高校の同級生である村田秀亮(38=同左)と02年にコンビを組んで15年目。村田は又吉直樹の芥川賞受賞作「火花」のドラマ版で売れない芸人を演じており、「ドラマでの『売れたいな』は本気のセリフでした。上京した頃は仕事がなくて、家のフローリングに四つんばいになって、長渕剛の『東京』を聞きながら泣いていた」と目を光らせていた。

 ふたりは吉本のタレント養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」出身だが、卒業したからといって、売れなければ食べていけないのが厳しい芸人の世界。

 村田はパチンコ店などでのアルバイトで食いつないでいたそうだが、それは同養成所出身の又吉も同じで、売れるまでは「ホンマにつらくて、鬱屈した日々でした。まず当たり前のようにカネがなかったですね。道にカネが落ちてないか探して歩き回って、100円拾ったりしてました」と日刊ゲンダイの「貧乏物語」のインタビューで語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る