桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

雛形あきこ、武田真治…元「めちゃイケ」メンバー大活躍中

公開日:

 22年間続いたフジテレビ系の看板番組「めちゃ×2イケてるッ!」が終了したのは今年の3月。あれから9カ月たったが、元「めちゃイケ」メンバーの活躍が目立つ。

 まずは雛形あきこ。元特撮ヒーローだった俳優の天野浩成と2013年に再婚、「めちゃイケ」終了後は、夫とともにバラエティーに出演し、大忙しだ。この夫がちょっとイタキャラで、雛形にぞっこん。ネットの売買サイトで雛形のグッズやグラビアなどを集めまくっているとか。妻のグッズをわざわざネットオークションで買い漁るとはなんとも気持ち悪いが、ラブラブカップルはそんなことお構いなし。熱々ぶりを見せつける。

 2日、「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)のゲストとして登場したが、わざわざ足立区の激安スーパーに車で行き、爆買いするとか。その買いっぷりもさることながら、購入するのがペットボトルのお茶や特売商品など実に庶民的。なんたって、番組の副題が「足立区育ちの荒波揉まれ人生!」だから。グラドル時代につくられた初のイメージビデオも流れ、好きな食べ物を聞かれて「くじらのベーコン」だったのには笑ったが。グラドルの好物が「くじらのベーコン」って……。そんな雛形の娘も、もう18歳というから驚く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る