芸は盗むもの 田原俊彦からタッキーに受け継がれる“伝統”

公開日: 更新日:

 組織には独特の慣習やルールがある。

 それは「旧弊」として弊害を指摘される場合もあれば、「伝統」として受け継がれている良いケースもある。

 ジャニーズ事務所を創設したジャニー喜多川氏は「男性が歌って踊ること」に主眼を置き、1964年のジャニーズ、68年のフォーリーブス、72年の郷ひろみとデビューさせたタレントを次々と売れっ子に育て上げ、「ダンスは宝塚歌劇団の専売特許」いう固定観念を覆した。

 しかし、郷ひろみ移籍後の70年代後半、事務所は苦境に陥った。その時期、研修生として入ってきたのが“歌って踊れる”田原俊彦や錦織一清だった。

 田原は80年に『哀愁でいと』でデビューすると、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』で3週連続1位に輝く。同番組でのランクインも1位獲得も、ジャニーズ事務所初の快挙だった。少年隊はデビュー曲『仮面舞踏会』で、同番組で6週連続1位に輝いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る