二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

ジュリー氏&滝沢秀明で継承 ジャニーズ“分業制”の課題

公開日: 更新日:

 9月16日、沖縄で引退の日を迎えた安室奈美恵。同時期から活躍していた滝沢秀明(36)も年内での現役引退を発表した。安室の今後は「普通のおばさんになる」と言うだけで不透明だが、滝沢はプロデューサーとして後輩の育成に当たるという。

 ジャニーズ事務所の創始者・ジャニー喜多川社長(86)から滝沢へ育成についての打診があったというが、「やるからには本気で。片手間は失礼」と滝沢は掛け持ちせずに芸能活動から身を引き裏方に専念するという。ジャニー社長は「うれしくて涙がこぼれそうでした」と談話を出し、英才教育用の養成所をつくることも明言。まるでシナリオでもあったかのような流れだが、滝沢の男気ある決断に芸能界からも称賛する声が続出している。

 安室は自分で自分の道を切り開きトップシンガーまで上り詰めた。「やり尽くした」の言葉にファンも納得。「ありがとう」と感謝の言葉に変わった。一方、滝沢は類いまれな美少年が今後どう進化していくか楽しみにしていただけに、惜しむ声もある。志半ばにして方向転換した感もあるが、滝沢の方向転換の裏には事務所の台所事情も見え隠れする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  4. 4

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る