二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

異例ずくめの紅白やネット中心の芸能報道に見る時代の変化

公開日:

 年末は高橋真麻(37)に小倉優子(35)と例年と変わらない“駆け込み婚”があった。吉田羊(年齢非公表)が大晦日に個人事務所から独立発表もあったが、新たな事務所への移籍など今後は新たな話も飛び交いそうな気配が漂う。

 元日は恒例になったスポーツ紙の熱愛スクープ合戦。尾を引きそうなのは“ナイナイ”岡村隆史(48)の関西在住の女性との交際報道ぐらいか。実質、仕事始めの7日は深田恭子(36)に不動産業を営む41歳の実業家との熱愛が報じられた。事務所は熱愛を否定するも、「正月に双方の両親に挨拶済み」とも伝えている。正月休み明けの週刊誌がどんな形で報じるかも興味深い。

 それにしても、女優に新たな恋が発覚する時、決まって以前の恋の破局と新ドラマが始まるタイミングが多い。深田もしかり。“KAT―TUN”の亀梨和也(32)と昨年10月に破局。15日にはTBSで主演ドラマがスタートすることも付記してあった。熱愛も宣伝の一環とみえてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る