銀座のママも顔負け…貫禄ユーミンが語った“音楽への遺言”

公開日:

 松任谷由実(64)が7日、都内ホテルで開催された第66回「菊池寛賞」贈呈式に出席した。

 この日のユーミンはブルーグレーのシックな着物にシルバーの帯、赤いコサージュを付けた艶やかな装い。バッチリ決まったヘアスタイルは"銀座のママ"そのもので、華やかかつ貫禄たっぷりであった。そして受賞の喜びを「ボブ・ディランっぽくてちょっとかっこいい」とアーティストらしく語ったのだった。

 同賞は日本文化の各方面に功績を記念するためのもので、その年度に最も清新かつ創造的な業績をあげた人物に贈られる。芸能人では過去に第62回タモリ、歌手では第61回サザンオールスターズなどが受賞。今年度は4月にデビュー45周年を迎えたユーミンが選ばれたというわけだ。日本文学振興会理事長の中部嘉人氏は、「現代の清少納言」と絶賛もしていた。


 これまでたくさんの歌を紡ぎ、日本の音楽シーンを変えてきたユーミン。笑顔で「音楽は時間をデザインするもの。そう遠くない未来に私が死んで私の名前が消し去られても、私の歌が詠み人知らずとして残っていくことが望み」と死後について言い残す場面も……。

 平成最後の菊池寛賞を盛り立てた国民的シンガーソングライターは、年末のNHK紅白に出場予定。歌も衣装も楽しみだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る