てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

出川哲朗と30年来の親友"チェン"との類のないストーリー

公開日: 更新日:

「正直、紅白の審査員より、学生時代からの親友の、司会の“チェン”の応援にきました。がんばれよ!」(出川哲朗/NHK「第69回NHK紅白歌合戦」2018年12月31日放送)

 昨年末の「NHK紅白歌合戦」の総合司会は、2年連続で内村光良だった。「紅白」といえば、その年にさまざまな分野で活躍した人物が審査員を務める。そんな審査員たちを司会陣が紹介していく。内村に「なぜか私が紹介するハメになってしまいました。友人の出川哲朗くんです」と照れくさそうに紹介され、出川哲朗(54)が返した言葉を今週は取り上げたい。

 内村が「紅白でチェンはやめてください」と言うと、出川は「なぜならジャッキー・チェンに似てるから」と、そのあだ名の説明をして、さらに内村を照れさせた。

 内村と出川が出会ったのは、彼らがまだ10代の頃。横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入学した日だった。一番最初に友達となり、一緒に帰るとき、横浜駅のエスカレーターで出川は「俺は劇団をつくりたい」と言った。「僕もそうだ」と内村は返し、がっちり握手を交わした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る