城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

公開日:

 あの出川哲朗(54)が大喜びしていたという話題が取り上げられた。

 自身の名前がタイトルについた、いわゆる冠番組のテレビ東京系「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」に、大物の明石家さんま(63)がゲスト出演。そのことにまず大喜びし、また感謝もしていたということだが、結果、視聴率は番組初の2ケタ台、13.2%という数字が出た。

 出川は2年ほど前から再ブレークしており、売れっ子として取材された時に、「自分としてはまったく変わっていない。昔から同じことをしている。時代が自分に追いついてきたのかな」と二枚目ぶって言い、すぐに「すみません。偉そうに言って申し訳ありません」とオチを付けて笑わせたものだ。

 確かに、かつては「嫌いなタレントランキング」でベスト3の常連だった。しかし、今は女子高生を中心とした世代から「かわいい」と支持されている。こう言っては失礼だが、若い女性にとっては、ペットやぬいぐるみ、ゆるキャラ的な感覚で受け入れられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る