豹変した生活…“芸能界で生きる”という現実を知った卒業式

公開日: 更新日:

新田恵利編<3>

 私は何も変わっていないのに……。不二家のアルバイトをフジテレビに替えただけなのに……。時給380円とテレビの1回の出演料5000円を比べて、週5日、月にすると10万円! 当時の高卒女子の初任給とほぼ同額だと喜んだのがいけなかったのか……。

「夕やけニャンニャン」が始まり、「セーラー服を脱がさないで」がリリースされた1985年、埼玉の県立高校3年の私は、テレビの仕事とのギャップに驚き、体は従っても心はついていけないでいた。

 当時付き合っていたラグビー部の同級生と、進路や将来について話したりしていたのが、デビューした途端、目の回るような忙しさが始まった。

 月曜から金曜まで5時からのスタジオ生放送。放課後に電車を3本乗り継いで、新宿区河田町にあったフジテレビに着くだけで大変だったのに、1時間の番組が終わってからも雑誌のインタビュー、撮影、音楽番組の収録、レコーディングと続き、帰宅は深夜の2時を回るのが当たり前に。土日もコンサートのリハーサル、振り付けのレッスンなどあり、休みなど全くない。休みなんか、考えたりしているほうがおかしいという雰囲気だ。学校の授業で学んだ労働基準法の1日8時間労働など、何も役に立たない世界で、どこか違う国のことのように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る