豹変した生活…“芸能界で生きる”という現実を知った卒業式

公開日: 更新日:

新田恵利編<3>

 私は何も変わっていないのに……。不二家のアルバイトをフジテレビに替えただけなのに……。時給380円とテレビの1回の出演料5000円を比べて、週5日、月にすると10万円! 当時の高卒女子の初任給とほぼ同額だと喜んだのがいけなかったのか……。

「夕やけニャンニャン」が始まり、「セーラー服を脱がさないで」がリリースされた1985年、埼玉の県立高校3年の私は、テレビの仕事とのギャップに驚き、体は従っても心はついていけないでいた。

 当時付き合っていたラグビー部の同級生と、進路や将来について話したりしていたのが、デビューした途端、目の回るような忙しさが始まった。

 月曜から金曜まで5時からのスタジオ生放送。放課後に電車を3本乗り継いで、新宿区河田町にあったフジテレビに着くだけで大変だったのに、1時間の番組が終わってからも雑誌のインタビュー、撮影、音楽番組の収録、レコーディングと続き、帰宅は深夜の2時を回るのが当たり前に。土日もコンサートのリハーサル、振り付けのレッスンなどあり、休みなど全くない。休みなんか、考えたりしているほうがおかしいという雰囲気だ。学校の授業で学んだ労働基準法の1日8時間労働など、何も役に立たない世界で、どこか違う国のことのように感じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る