てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

石原さとみは好きなモノで固めたNY一人旅で幸運を掴んだ

公開日: 更新日:

「好きなことだけで私の周りを固めようと思って。そこからはすっごく楽しいです、人生!」(石原さとみ/フジテレビ「新春大売り出し!さんまのまんま」1月2日放送)

 2002年にホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、10代で華々しくデビューした石原さとみ(32)。本格的なデビュー作「わたしのグランパ」で、いきなり日本アカデミー賞新人俳優賞をはじめ、各新人賞を総ナメ。その後も、数多くの映画・ドラマに出演し続け、はた目から見ると順風満帆に見える。だが、彼女自身は20代に入った頃から、悩んでいたという。仕事が減り「自分は誰からも求められていない」と思うようになっていたのだ。

 そんな20代半ば、デビュー以来初めて長めの休暇を取り、ニューヨークへ一人旅に行った。そこで「私のことを知らなくても友だちができるとか、何が楽しくて何が好きなのかが分かった」。その経験を経て変化した心境を語った言葉を今週は取り上げたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る