「芸能界に戻ろう!」それは辞める時より大きな決断だった

公開日: 更新日:

新田恵利編<10>

 10代の頃、分刻みのスケジュールで眠る時間もないほど走り回っても、月給制で、給料はOLさんに毛が生えたくらいだった。

 おニャン子クラブでは、グループの楽曲のほかにソロでも曲を出してもらったけれど、歌唱印税はとても少ない上、「花嫁準備金」としてメンバー全員で頭割り。5年間みっちり働いて、お金を貯めたつもりになっていたけれど、埼玉に家も買えない。そのことに気づいたのは一時芸能界を引退し、22歳になろうという時だ。その後、モーニング娘。が家を買ったと報道で知った時は、本当にびっくりした。

 しばらくは実家のあった埼玉に戻り、ほとんど遊べなかった日々を取り戻すべく、友人と飲み歩く日が続いた。それも3カ月もすると飽きた。結婚も考えていた7歳年上の放送作家の恋人とも別れ、ひとりで食べていける仕事を求めた。

 念願の物書きに挑戦した。TVガイドで小説を書かせてもらい、東洋経済では「主婦の起業家」というコーナーで、いち記者として女性起業家をインタビューしていった。原稿を書いては書き直しを命じられ、多い時には仕上がるまでに6回も書き直しをした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る