「芸能界に戻ろう!」それは辞める時より大きな決断だった

公開日: 更新日:

新田恵利編<10>

 10代の頃、分刻みのスケジュールで眠る時間もないほど走り回っても、月給制で、給料はOLさんに毛が生えたくらいだった。

 おニャン子クラブでは、グループの楽曲のほかにソロでも曲を出してもらったけれど、歌唱印税はとても少ない上、「花嫁準備金」としてメンバー全員で頭割り。5年間みっちり働いて、お金を貯めたつもりになっていたけれど、埼玉に家も買えない。そのことに気づいたのは一時芸能界を引退し、22歳になろうという時だ。その後、モーニング娘。が家を買ったと報道で知った時は、本当にびっくりした。

 しばらくは実家のあった埼玉に戻り、ほとんど遊べなかった日々を取り戻すべく、友人と飲み歩く日が続いた。それも3カ月もすると飽きた。結婚も考えていた7歳年上の放送作家の恋人とも別れ、ひとりで食べていける仕事を求めた。

 念願の物書きに挑戦した。TVガイドで小説を書かせてもらい、東洋経済では「主婦の起業家」というコーナーで、いち記者として女性起業家をインタビューしていった。原稿を書いては書き直しを命じられ、多い時には仕上がるまでに6回も書き直しをした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る