引退はマイナスだった…忘れ去られることは一番の致命傷

公開日: 更新日:

新田恵利編<11>

「1億って話が来てるよ」

 事務所のスタッフから、とんでもない額のオファーを聞いた。宮沢りえさんの、若くて人気絶頂のときの写真集「サンタフェ」が社会現象になるほどの大ヒットして以降、二匹目のドジョウを狙おうと、出版社はこぞって女優さん、元アイドルを口説きまくっているとは聞いていた。そうした誘いは私のところにも舞い込み、すでに何社かからオファーも来ていた。

 物書きの仕事をしたい私の足元を見て「エッセーを一緒に載せてもいい」とニンジンをぶら下げるところもあった。ヌードにどれだけの価値があるのか分からないが、脱げるくらいなら女優の道を進んでいると思った。

「売れなくなったら脱ぐ」というのが芸能界では王道という見られ方があり、それに従うのも嫌だった。

 しかし、もう何度も何度も何度もヘアヌードの話ばかりされて、知らないうちにだんだんと、洗脳されていた気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    アヤパンの“MC力”でテレ朝「サタデーステーション」上昇気流に!視聴率で「報ステ」抜く

もっと見る