引退はマイナスだった…忘れ去られることは一番の致命傷

公開日: 更新日:

新田恵利編<11>

「1億って話が来てるよ」

 事務所のスタッフから、とんでもない額のオファーを聞いた。宮沢りえさんの、若くて人気絶頂のときの写真集「サンタフェ」が社会現象になるほどの大ヒットして以降、二匹目のドジョウを狙おうと、出版社はこぞって女優さん、元アイドルを口説きまくっているとは聞いていた。そうした誘いは私のところにも舞い込み、すでに何社かからオファーも来ていた。

 物書きの仕事をしたい私の足元を見て「エッセーを一緒に載せてもいい」とニンジンをぶら下げるところもあった。ヌードにどれだけの価値があるのか分からないが、脱げるくらいなら女優の道を進んでいると思った。

「売れなくなったら脱ぐ」というのが芸能界では王道という見られ方があり、それに従うのも嫌だった。

 しかし、もう何度も何度も何度もヘアヌードの話ばかりされて、知らないうちにだんだんと、洗脳されていた気がする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る