前田耕陽さん脚本の舞台が大成功 打ち上げで号泣したら…

公開日: 更新日:

 それが4年ほど前で、以降は毎年、新作で公演してます。去年はアイドル時代の先輩だった、おりも政夫さんと中村繁之さんに出ていただいた。おりもさんの事務所の方が「パパがヒーロー?」を見てくれて、「何かやろう」と言ってくれたのがきっかけ。先輩をコメディーにしちゃったけど、「僕が書いてるんだから、やってください」とお願いして。おりもさんからは少しクレームがありましたけど(笑い)。

 以前から書く力があったのかは分かりませんけど、今は書くことが楽しいんです。偉そうに脚本家とはまだ言えないですけど。

(聞き手=松野大介)

▽まえだ・こうよう 1968年8月、東京都八王子市出身。80年代からアイドルグループ男闘呼組のリーダーとして活躍。解散後、バンドや俳優として活動。2006年に漫才師の海原ともこと再婚。大阪を拠点に俳優や舞台の作・プロデュース活動を行う。6月には広島、大阪、東京で新作舞台を公演予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る