若き日は俳優志望 いっこく堂さん語る“腹話術師への転機”

公開日: 更新日:

 芸能生活36年。複数の人形を同時に操り、時間差の腹話術で人気のいっこく堂さん(55)。若き日は俳優を目指していた……。

  ◇  ◇  ◇

「芝居やってるより一人芸の方が生き生きしてるね。そんな芸を持ってるなら、もっと伸ばした方がいいんじゃないか」

 人生には、道を大きく左右する転機がいくつかあると思います。僕の場合、22歳だった1986年4月に劇団民藝に入団できたこと、4年前の8月に亡くなられた米倉斉加年さんに、こう言われたことが腹話術へ向かう第一歩になりました。

 沖縄の高校在学中に俳優を志し、「役者になるからには、人前に出る度胸がなきゃ」と思って、モノマネ(声帯模写)を始めました。そして、高校卒業後、上京して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入学。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神またお家騒動…矢野監督に危惧される金本氏の“二の舞”

  2. 2

    ゴーンが極秘に語った「日産は2~3年以内に倒産」の現実味

  3. 3

    子供には食べさせたくない 高カロリーな異性化糖入り菓子

  4. 4

    ゴーンに国外追放&暗殺の可能性 レバノン反政府デモ拡大で

  5. 5

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  6. 6

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  7. 7

    結納の情報も…嵐・櫻井の元ミス慶応彼女が歓迎されるワケ

  8. 8

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で虎電撃復帰急浮上

  9. 9

    GM作物は子供が好む菓子に含まれているがなぜか表示はない

  10. 10

    まるで掃きだめ…衆院決算行政監視委に“問題議員”がズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る