若き日は俳優志望 いっこく堂さん語る“腹話術師への転機”

公開日: 更新日:

 芸能生活36年。複数の人形を同時に操り、時間差の腹話術で人気のいっこく堂さん(55)。若き日は俳優を目指していた……。

  ◇  ◇  ◇

「芝居やってるより一人芸の方が生き生きしてるね。そんな芸を持ってるなら、もっと伸ばした方がいいんじゃないか」

 人生には、道を大きく左右する転機がいくつかあると思います。僕の場合、22歳だった1986年4月に劇団民藝に入団できたこと、4年前の8月に亡くなられた米倉斉加年さんに、こう言われたことが腹話術へ向かう第一歩になりました。

 沖縄の高校在学中に俳優を志し、「役者になるからには、人前に出る度胸がなきゃ」と思って、モノマネ(声帯模写)を始めました。そして、高校卒業後、上京して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入学。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る