• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若き日は俳優志望 いっこく堂さん語る“腹話術師への転機”

 芸能生活36年。複数の人形を同時に操り、時間差の腹話術で人気のいっこく堂さん(55)。若き日は俳優を目指していた……。

  ◇  ◇  ◇

「芝居やってるより一人芸の方が生き生きしてるね。そんな芸を持ってるなら、もっと伸ばした方がいいんじゃないか」

 人生には、道を大きく左右する転機がいくつかあると思います。僕の場合、22歳だった1986年4月に劇団民藝に入団できたこと、4年前の8月に亡くなられた米倉斉加年さんに、こう言われたことが腹話術へ向かう第一歩になりました。

 沖縄の高校在学中に俳優を志し、「役者になるからには、人前に出る度胸がなきゃ」と思って、モノマネ(声帯模写)を始めました。そして、高校卒業後、上京して横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)に入学。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る