おおたわ史絵さんに聞く 刑務所で受刑者の診療をする理由

公開日: 更新日:

 医師、作家として情報番組のコメンテーターで活躍中の、おおたわ史絵さん(54)。この6月に刑務所や少年院といった受刑者矯正施設の矯正医官に就任し、多忙な日々を送っているが、就任した理由とは……。

  ◇  ◇  ◇

「怖くないですか?」

 私が刑務所で働いていることを知ると、大半の方は驚いてこうおっしゃいます。無理もないですよね。そこにいる私の患者はみな受刑者ですから。矯正医療を始めたのは今年の春。なぜかって? では、その理由をお話ししましょう。

 みなさんは日本の罪状で一番多いのが窃盗と覚醒剤だということを知っていますか? どちらも再犯率の大変高い犯罪です。それはこれらが依存症と関わりのある罪だからです。

 実は覚醒剤や盗み、暴力やギャンブルなどの多くには、脳の依存が関連しているのです。だめだとわかっていてもやめられない、それが依存です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  7. 7

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る