前田耕陽さん脚本の舞台が大成功 打ち上げで号泣したら…

公開日: 更新日:

 80年代からアイドルグループ男闘呼組のリーダーとして活躍した前田耕陽さん(50)。現在、俳優のみならず、舞台の脚本も手がけるようになったのは初プロデュース公演が成功したのがきっかけ。今も忘れられない涙の「その日」があったから……。

  ◇  ◇  ◇

 グループ時代から歌も芝居も好きでしたが、解散後は徐々にお芝居に気持ちがいきましたね。

 ドラマよりも舞台が好きです。再婚した奥さん(漫才師の海原ともこさん)が芸人の仕事でずっと大阪だから、「僕が大阪に行ったほうがいいな」と10年ほど前に移住。大阪の人はとにかく笑うのが大好きで、笑いの舞台が多かった。

 僕はずっとコメディーが好きだから、やりたい舞台と一致してました。

 3人の芝居ユニットをつくり、自作を小さい劇場でやっていくうち、反応が良かったから、「本格的に脚本を書いてみよう」と思いました。それが8年くらい前。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る