前田耕陽さん脚本の舞台が大成功 打ち上げで号泣したら…

公開日: 更新日:

 80年代からアイドルグループ男闘呼組のリーダーとして活躍した前田耕陽さん(50)。現在、俳優のみならず、舞台の脚本も手がけるようになったのは初プロデュース公演が成功したのがきっかけ。今も忘れられない涙の「その日」があったから……。

  ◇  ◇  ◇

 グループ時代から歌も芝居も好きでしたが、解散後は徐々にお芝居に気持ちがいきましたね。

 ドラマよりも舞台が好きです。再婚した奥さん(漫才師の海原ともこさん)が芸人の仕事でずっと大阪だから、「僕が大阪に行ったほうがいいな」と10年ほど前に移住。大阪の人はとにかく笑うのが大好きで、笑いの舞台が多かった。

 僕はずっとコメディーが好きだから、やりたい舞台と一致してました。

 3人の芝居ユニットをつくり、自作を小さい劇場でやっていくうち、反応が良かったから、「本格的に脚本を書いてみよう」と思いました。それが8年くらい前。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る