井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

2018年はオトシマエのつけられない「災」難だらけだった

公開日: 更新日:

 今年の漢字は「災」と決まったが、取り返しのつかない、オトシマエのつけられない災難だらけだった。

 あおり運転をして夫婦2人を死なせてしまったあのイモ野郎への求刑も、どうして懲役23年から18年に減らされたのか、まったく分からない。運転中でなくて停止してからの事故だったというドアホな法律に従っていたのなら許しがたい裁判だった。何が「危険運転致死傷罪」だ。そんな“デタラメ法”が何の役に立つのだ。残された娘さんらの気持ちを思うと、胸が痛む。沖縄の辺野古問題もまだ今後どうなるか、政府とのオトシマエはついてないし、何も片付いていないままだ。

 紅白歌合戦にサザンがトリで出ようが出まいが、そんなオトシマエはどうでもいい。このまま、年を越してしまっていいのかと思う。東日本大震災からもう8年になろうというのに、放ったらかしにしたまま何の方策も立てられないでいる、恐ろしい土地の話だ。福島の原発事故後、県内の除染作業で集められた「放射能汚染土」が、地元の双葉町と大熊町につくられた(といっても、地主たちから借りた空き地にすり鉢状に掘られただけの)あくまで一時的で中間的な貯蔵場所に今もどんどん運び込まれ、ブルドーザーが地ならししてるだけだ。オレも知らなかったが、全国のどれだけの人間が知っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る