賢母が恋解禁でも…竹内結子が決定的写真を撮られない理由

公開日: 更新日:

 竹内結子(38)の主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)は第3話まで平均視聴率7%台と伸び悩んでいる。竹内の役柄は、クライアントを救うために手段を選ばず、裏で社会を動かす“スピンドクター”的な手法もいとわない凄腕弁護士。美貌と強さを兼ね備えた竹内には適役といえるだろう。6年ぶりの主演ドラマということもあり注目度が高かったが、実に10年ぶりに浮上した熱愛報道に話題をさらわれた。

 ドラマの初回放送の直前、竹内の姿は庶民的な赤提灯にあった。4歳年下の俳優・中林大樹(34)との焼き鳥デートを「女性セブン」(2019年1月31日号)がスクープ。2人はカウンター席に座り、竹内が慣れた手つきで串から鶏肉を外す。その横で中林がたばこを吹かしたり、まるで夫婦のような親密ぶりだったという。店を出た後、2人が向かった先は竹内のマンションだったというが、セブンは決定的な写真を出さなかった。

「竹内の自宅は“要塞”みたいな都内屈指の超高級マンションで、敷地内に8棟の住居棟が立ち、総戸数は400世帯以上。有名芸能人もたくさん住んでいて、竹内の親友のイモトアヤコも同じ敷地内に住んでいます。中林は竹内の所属事務所の後輩だし、“仕事”が立派な言い訳になる。これ以上、2人の関係を探るのは難しいでしょう。彼女は昔から、そういうところがきっちりしています」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽