中日が異例の呼びかけ 野球選手・芸能人サイン転売の実態

公開日: 更新日:

「サインを売らないで」――。中日ドラゴンズが転売目的で選手にサインを求める動きがあるとして「このような行為には決して及ばないようお願いいたします」と呼びかけた。選手のファンサービスを制限することも視野に入れているという。

「現在、選手は沖縄でキャンプ中。このキャンプで転売が目立つようになりました。ユニホームなどにサインすると、すぐにネットで転売されるのです。こうした利益目的がエスカレートしたら、選手がサインしたくなくなることも考えられるので呼びかけを行いました」(中日広報部)

 オークションサイトを見ると、4日の午前中に「松坂大輔 2019 直筆サイン キャンプ限定 ユニホーム」が1円で出品され、5日午後7時に1万9000円の値がついていた。ユニホームは6000円(税込み)だから出品者の儲けは大きい。


 サインの転売は芸能界でも問題になっている。西川貴教は転売目的の人に苦言を呈するツイートを投稿。あるグラドルは「宛名は書かないで」とサインを求められたことを明かした。ベテラン芸能マネジャーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る