中日が異例の呼びかけ 野球選手・芸能人サイン転売の実態

公開日: 更新日:

「サインを売らないで」――。中日ドラゴンズが転売目的で選手にサインを求める動きがあるとして「このような行為には決して及ばないようお願いいたします」と呼びかけた。選手のファンサービスを制限することも視野に入れているという。

「現在、選手は沖縄でキャンプ中。このキャンプで転売が目立つようになりました。ユニホームなどにサインすると、すぐにネットで転売されるのです。こうした利益目的がエスカレートしたら、選手がサインしたくなくなることも考えられるので呼びかけを行いました」(中日広報部)

 オークションサイトを見ると、4日の午前中に「松坂大輔 2019 直筆サイン キャンプ限定 ユニホーム」が1円で出品され、5日午後7時に1万9000円の値がついていた。ユニホームは6000円(税込み)だから出品者の儲けは大きい。


 サインの転売は芸能界でも問題になっている。西川貴教は転売目的の人に苦言を呈するツイートを投稿。あるグラドルは「宛名は書かないで」とサインを求められたことを明かした。ベテラン芸能マネジャーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る