ジャニが先陣 「チケット高額転売」捜査のメスで変わるか

公開日: 更新日:

 チケット転売仲介サイト「チケットキャンプ」の運営会社「フンザ」(東京・渋谷区)が商標法違反容疑などで捜索された事件――。フンザは「嵐」や「Hey!Say!JUMP」などのコンサート情報を集めたサイト「ジャニーズ通信」を独自運営し、そこから自社のチケット転売サイトに客を誘導、ジャニーズの商標を不正に利用した疑いだ。

 チケットキャンプ(通称チケキャン)は会員約370万人の人気サイトだが、親会社の会員制交流サイト大手「ミクシィ」はチケキャンのサービス停止を発表。ジャニーズ通信も休止となった。

「所属タレントのブログ掲載も画像のネット掲載も全面禁止しているジャニーズ事務所は、チケット転売や商標管理にも厳しく対処することで知られている。ダフ屋の買い占めなどへの対抗策として法制化の動きもある中、ジャニーズが芸能界の先陣を切ってこの問題に取り組んでいくと業界では受け止めている」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る