尾上辰之助追善 菊五郎が結実させた完璧なアンサンブル

公開日: 更新日:

 今月の歌舞伎座は、昼の2演目と、夜の1演目が「初世尾上辰之助三十三回忌追善狂言」と銘打たれている。辰之助(没後、三代目松緑を追贈)は1987年3月に40歳の若さで亡くなった「伝説の俳優」である。松本白鸚、中村吉右衛門、故・市川團十郎とは従兄弟にあたり、尾上菊五郎(写真)とは盟友で、存命であれば彼らと並ぶ大幹部となっていたはずの人だ。

 昼の部「義経千本桜」の「すし屋」では、辰之助の息子の松緑が主役のいがみの権太で、同世代の尾上菊之助、中村梅枝らが共演し、市川團蔵、市村橘太郎らベテランが支える。

 次の「暗闇の丑松」は長谷川伸の新歌舞伎で、辰之助が得意としていた役で、これを菊五郎が演じ、相手役は中村時蔵。

 戦後の「菊五郎劇団」は梅幸・松緑の二頭体制だったので、その息子である菊五郎・辰之助の2人で率いていくはずだった。その辰之助を喪い、菊五郎はひとりで一座を率い、次世代を育成してきた。この2演目には、30年が過ぎて結実した、適材適所による完璧なアンサンブルがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  8. 8

    原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で坂本「三塁コンバート」

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

もっと見る