父より人気…勸玄は“海老蔵の息子”から一人前の役者に成長

公開日: 更新日:

 正月は東京で4劇場、大阪も含めて5劇場で歌舞伎公演がある。最近の歌舞伎は新作が多いが、正月は落ち着いている。

 国立劇場は尾上菊五郎劇団の「姫路城音菊礎石」。飽きさせないが、とりたてて新鮮味はない。偉大なるマンネリで、これが大事なのだ。

 初日を待たずして全日完売となったのが、新橋演舞場での市川海老蔵の座頭公演。劇場の客席数が違うので単純に比較はできないが、いま最も客を呼べるのが海老蔵であることを証明している。もっとも最近は、海老蔵よりも息子・堀越勸玄のほうが人気あり、今月は昼・夜ともに出演。

 これまでの勸玄は新作で当て書きされた役に出ていたが、今月は古典の「極付幡随長兵衛」で、息子・長松を演じた。普段は劇団所属のプロの子役(という言い方も変だが)が演じる役で、セリフも長いし、何回も登場する。「海老蔵の息子」として添え物として登場するのではなく、劇の重要な登場人物としての出演だ。勸玄は来年、新之助になるが、すでに一人前の子役である。実際の父子で父子の役を演じるのは、簡単なようで、かえって難しいのではなかろうか。虚実を混乱せずによくやっている。夜の部では「十一世市川團十郎生誕百十年」の「牡丹花十一代」に勸玄と姉・麗禾も出て万雷の拍手を浴びていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る