フジ最後の砦 三田友梨佳が剥がした“お嬢さま”のレッテル

公開日: 更新日:

 フジの新たな夜の顔として、4月1日からニュース番組のメインキャスターを務めることが発表された三田友梨佳アナ(31)。約4年間担当した「直撃LIVE グッディ!」は今春で卒業となるが、共演する大ベテランの安藤優子キャスターのもとで報道のイロハを学べたことは、彼女にとってかなり大きかったはず。入社当時は“アナドル”のイメージが強かった三田アナも、最近はキャスターの仕事がすっかり板についてきた感がある。あと1年もすれば入社10年目を迎えるのだから、当然といえば当然なのかもしれない。

■“お嬢さま”から脱却

 すでに夕方のニュース番組には同局出身の加藤綾子アナの起用が発表されており、フジとしては露払いにカトパン、大トリにミタパンという大英断をしたことになる。それは、三田アナの丁寧な仕事ぶりもさることながら、時には自分の意見をハッキリと言える芯の強さがアンカーウーマンに適している、と評価されたことにほかならない。“お嬢さま育ち”というレッテルを、自ら剥がしてみせたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る