初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

公開日: 更新日:

「全国に店舗を持つ大手書店の売り上げ動向を見てみると、景子さんの告白本の実売率は15%程度。都内の大型店舗に至ってはその半分の7.5%程度で、発売から1週間(11日時点)で十数冊しかはけていない。少し前に出版された女性向けの素人ブロガーの婚活本は店頭でも売り切れが続出し、同じくタレント本として並列される樹木希林さんの文庫は各社売り上げランキングで上位に入っている。いずれも内容は違うし、一概には比べられませんが、決して好調な滑り出しとは言い難い。売れると見込んで重版しても返本率が高ければ元も子もありません」(出版関係者)

 芸能人の離婚後の暴露本でミリオンセラーを記録したものといえば、1998年に発売された郷ひろみの「ダディ」。友里恵氏との夫婦関係や二谷家の内幕を暴露したのを受け、その3年後、今度は友里恵氏が反論する「楯」を発売し、こちらもベストセラーになった。

 もしかして、貴乃花の暴露本待ち?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る