広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

公開日: 更新日:

 初の母親役に「母性がダダ漏れ」と話しているという。4月1日から放送されるNHK朝ドラ「なつぞら」に主演する女優の広瀬すず(20)。

 広瀬は母親役を演じることについて「私自身、子供が大好きなので、ワクワクしています」と語り、「ダダ漏れ」と明かしたという。記念すべき100作目の朝ドラに意欲満々のようだが、まだ20歳の広瀬の母親像がピンとこないようで、ネットには「しっくりこない」「嫌な予感がする」「違和感がある」といった、ややネガティブなコメントが相次いでいる。

「なつぞら」は戦争孤児になったヒロインの奥原なつ(広瀬)が北海道の養父母のもとで育ち、アニメーターを目指して上京する物語。広瀬は結婚、出産のお芝居は初体験となる。

「現在放送中の朝ドラ『まんぷく』では安藤サクラ(33)が母親役を好演。安藤は実生活でも一児の母だけに、違和感のない演技が評価されています。広瀬は当然、安藤と比較されるでしょうから、大変ですね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る