桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「西郷どん」急失速の裏で「ポツンと一軒家」大成功の理由

公開日:

 7日のNHK大河ドラマ「西郷どん」の視聴率が9.9%。ついに1桁になってしまった。この日の第37話は「江戸無血開城」と、物語の中では結構な見せ場、歴史的にもエポックメーキングな話なのに、まさかの展開というしかない。

 前週、台風24号のニュースに差し替えられて放送が中止。夕方6時からBSで放送されていたため、先週、BSで見た人は今回、見なかったのかもしれないが……。

 そんな事情があったとしても、やはり9.9%は衝撃的だ。先日、6月に亡くなった加藤剛を偲ぶとして、1976年の大河ドラマ「風と雲と虹と」の最終回を放送していたので見てみたら、当時の大河はレベルが桁違い。戦の場面も大勢のエキストラを使い、迫力がある。固唾をのんで見入ってしまった。これが大河ドラマだったんだと。今は大河どころか小河、いや“三級河川”ドラマになってしまい、そのスケール感も魅力もなくなったのか。これからワーストを更新しないことを祈りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る