桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

「西郷どん」急失速の裏で「ポツンと一軒家」大成功の理由

公開日: 更新日:

 7日のNHK大河ドラマ「西郷どん」の視聴率が9.9%。ついに1桁になってしまった。この日の第37話は「江戸無血開城」と、物語の中では結構な見せ場、歴史的にもエポックメーキングな話なのに、まさかの展開というしかない。

 前週、台風24号のニュースに差し替えられて放送が中止。夕方6時からBSで放送されていたため、先週、BSで見た人は今回、見なかったのかもしれないが……。

 そんな事情があったとしても、やはり9.9%は衝撃的だ。先日、6月に亡くなった加藤剛を偲ぶとして、1976年の大河ドラマ「風と雲と虹と」の最終回を放送していたので見てみたら、当時の大河はレベルが桁違い。戦の場面も大勢のエキストラを使い、迫力がある。固唾をのんで見入ってしまった。これが大河ドラマだったんだと。今は大河どころか小河、いや“三級河川”ドラマになってしまい、そのスケール感も魅力もなくなったのか。これからワーストを更新しないことを祈りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る