小松純也
著者のコラム一覧
小松純也プロデューサー

1967年、兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部在学中、「劇団そとばこまち」に在籍。卒業後、フジテレビ入社。19年3月、フジテレビを退社。現在、株式会社スチールヘッド代表取締役。共同テレビジョンのプロデューサーとして活動中。

「平成日本のよふけ」で実感“突き抜けたモノ探し”の重要さ

公開日: 更新日:

 特別な体験をしている突き抜けた人をゲストに招いて話を聞くのは、ヒット番組を作る時のセオリーのひとつなのだという。テレビ朝日系列で放送されている「激レアさんを連れてきた。」も、人気番組となっている。

「例えば『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会』という番組があります。一般の方の失敗談を聞く番組ですから、どんな方でも番組に参加する資格がある。ハンディキャップを抱えた方やLGBTの方など、いろんな方が出られています。みんな同じ土俵の上で、フラットに自分の笑っちゃう失敗談を披露して、みんなで笑おうよという企画です」

 この時代、ありふれた商品は、なかなか手に取ってもらえない。簡単ではないが、突き抜けたモノを探しつづける。消費者を引きつける商品をつくるには、それしかないのだろう。 =あすにつづく

 (構成=高月太樹/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る