本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

公開日: 更新日:

 野田義治が初めてマネジメントをした堀江しのぶが、難病のスキルス性胃がんのために、余命2カ月を宣告された。

 抱えるタレントは堀江しのぶただ一人。

 野田を支えたのは、村西とおるの芸能人専門のイメージビデオメーカー、パワースポーツだった。

 村西とおるが証言する。

「ちょうどそのころ(1988年)、堀江しのぶは入退院を繰り返していたころで、野田も収入がなくなって、たしか車の中で寝泊まりしてましたよ」

 堀江しのぶが大病を患っていると、野田義治本人から聞いた村西とおるだったが、それ以上のことは聞かず、黙ってプロデュース料として現金300万円を手渡した。

「あのころやつには毎月300万現ナマで払ったけど、おれにとっては30円程度の感覚でしたよ。あいつは一生忘れないかもしれないけど、300万なんて1分で忘れちゃう金額だったからね、あのころのおれは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る