本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

公開日: 更新日:

 野田義治が初めてマネジメントをした堀江しのぶが、難病のスキルス性胃がんのために、余命2カ月を宣告された。

 抱えるタレントは堀江しのぶただ一人。

 野田を支えたのは、村西とおるの芸能人専門のイメージビデオメーカー、パワースポーツだった。

 村西とおるが証言する。

「ちょうどそのころ(1988年)、堀江しのぶは入退院を繰り返していたころで、野田も収入がなくなって、たしか車の中で寝泊まりしてましたよ」

 堀江しのぶが大病を患っていると、野田義治本人から聞いた村西とおるだったが、それ以上のことは聞かず、黙ってプロデュース料として現金300万円を手渡した。

「あのころやつには毎月300万現ナマで払ったけど、おれにとっては30円程度の感覚でしたよ。あいつは一生忘れないかもしれないけど、300万なんて1分で忘れちゃう金額だったからね、あのころのおれは」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る