本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏作家

1956年、埼玉県所沢市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。私小説的手法による庶民史をライフワークとしている。バブル焼け跡派と自称。執筆はノンフィクション・小説・エッセー・評論まで幅広い。“東京の異界シリーズ”第5弾「高田馬場アンダーグラウンド」(駒草出版)発売中。「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)が、山田孝之主演でNetflixから世界190カ国同時配信決定。

初めてのオリジナル作品はダウンタウンのシャワーシーン

公開日: 更新日:

 野田義治の回想。

「最初にパワースポーツで撮った芸能人イメージビデオは、村西のとっつぁんからのオファーで、“大阪にいまダウンタウンというすごく有名な若手漫才師がいる。これ撮ってきてほしい”って言われたんですよ」

 ところが村西とおるによると――。

「ダウンタウン? あれはおれからじゃなくて野田からですよ。だっておれは男なんかに興味ないんだから、AVもパワースポーツも女! ダウンタウンは吉本興業が東京進出するんで、赤坂に事務所をオープンさせた。それに野田ちゃんが力を貸した。ダウンタウンを売り出すのに箔を付けたい、それがプロモーションビデオだったというわけ。帽子かぶってシティーボーイ風に撮ったりしてね」

 日比野正明の回想。

「ダウンタウン、最初に撮りましたよ。あれは野田さんが言ってきたんですよ。だって僕ら、毎日毎日AVばっか撮ってて、テレビなんてまったく見なかったから、ダウンタウンなんて1ミリも知らなかった。まだ東京進出も『ひょうきん族』だけでキー局には出ていなかった。大阪では人気あるけど、東京ではまだ人気ない。マネジャーは大崎洋さん。いまの吉本興業の社長です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る