中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

公開日: 更新日:

 そんな中島は数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしているという。にわかに信じがたいウワサではあるが、あえて中島の“脱退説”に立って見れば「なるほど、そうかもしれない」と思えるようなこともある。

「Hey!――」は12年前の結成時メンバーだった森本龍太郎が未成年喫煙を原因にグループを脱退し、その後、事務所も退所した。同じく岡本圭人も海外留学を理由に18年9月から芸能活動を休止している。正当な理由があれば、中島が脱退したとしても決して不思議ではない。

 前出の俳優仲間とは別の周辺人物からは、中島について、さらにこんな話も漏れてきた。

「中島はグループとしての音楽活動には早い段階から見切りをつけていたようです。彼にとってショックだったのは、“センターは裕翔!”と指名されてグループ活動をスタートしたのに、途中から丁寧な説明もなしにセンターを山田涼介に取って代わられたことだといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る