ファンも専門家も“一択” 指原莉乃に「AKS幹部」待望論

公開日: 更新日:

 NGT48の山口真帆(23)の卒業公演を18日に控え、暴行事件の真相はいまだ明かされぬまま、粛々と引退へのカウントダウンだけが進んでいる。そんな中、ネット上では“指原莉乃AKS幹部待望論”が浮上している。

 勇気を出して内部告発をした山口が自らの意思に反して辞めていくという構図にファンならずとも腑に落ちないのは確かで、NGTのグループ再編に関しても“メンバーと一緒に決めた”と運営のAKSが公表すると、山口が「私は聞いていない」と反論。運営側の対応は後手後手で、ファンの間からは「メンバーの意見も、ファンの意見も聞いてくれないのならAKBグループを推す意味がない」という声もあがり、「この状況を打破するにはさっしー(指原莉乃)がAKS幹部に入るしかない」という改革支持論が広まっているというのだ。

 指原はNGTの暴行事件について「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない」「改善の余地どころか、すべてを一から作り直してやっていかなきゃいけないと思う」など運営側に苦言を呈している。また、総合プロデューサーである秋元康氏の立ち位置を代弁するなど、直のホットラインがあることも明らかにしている。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る