ファンも専門家も“一択” 指原莉乃に「AKS幹部」待望論

公開日: 更新日:

 NGT48の山口真帆(23)の卒業公演を18日に控え、暴行事件の真相はいまだ明かされぬまま、粛々と引退へのカウントダウンだけが進んでいる。そんな中、ネット上では“指原莉乃AKS幹部待望論”が浮上している。

 勇気を出して内部告発をした山口が自らの意思に反して辞めていくという構図にファンならずとも腑に落ちないのは確かで、NGTのグループ再編に関しても“メンバーと一緒に決めた”と運営のAKSが公表すると、山口が「私は聞いていない」と反論。運営側の対応は後手後手で、ファンの間からは「メンバーの意見も、ファンの意見も聞いてくれないのならAKBグループを推す意味がない」という声もあがり、「この状況を打破するにはさっしー(指原莉乃)がAKS幹部に入るしかない」という改革支持論が広まっているというのだ。

 指原はNGTの暴行事件について「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない」「改善の余地どころか、すべてを一から作り直してやっていかなきゃいけないと思う」など運営側に苦言を呈している。また、総合プロデューサーである秋元康氏の立ち位置を代弁するなど、直のホットラインがあることも明らかにしている。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る