ファンも専門家も“一択” 指原莉乃に「AKS幹部」待望論

公開日: 更新日:

 NGT48の山口真帆(23)の卒業公演を18日に控え、暴行事件の真相はいまだ明かされぬまま、粛々と引退へのカウントダウンだけが進んでいる。そんな中、ネット上では“指原莉乃AKS幹部待望論”が浮上している。

 勇気を出して内部告発をした山口が自らの意思に反して辞めていくという構図にファンならずとも腑に落ちないのは確かで、NGTのグループ再編に関しても“メンバーと一緒に決めた”と運営のAKSが公表すると、山口が「私は聞いていない」と反論。運営側の対応は後手後手で、ファンの間からは「メンバーの意見も、ファンの意見も聞いてくれないのならAKBグループを推す意味がない」という声もあがり、「この状況を打破するにはさっしー(指原莉乃)がAKS幹部に入るしかない」という改革支持論が広まっているというのだ。

 指原はNGTの暴行事件について「本当だとしたら未成年の子供も預かっている会社としておかしい。大人数を預かっておいてその感覚の人とは思いたくない」「改善の余地どころか、すべてを一から作り直してやっていかなきゃいけないと思う」など運営側に苦言を呈している。また、総合プロデューサーである秋元康氏の立ち位置を代弁するなど、直のホットラインがあることも明らかにしている。アイドル評論家の北川昌弘氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る