NGT山口真帆は卒業公演決定でも 明かされない“事件の真相”

公開日: 更新日:

 NGT48の山口真帆(23)が6日、パシフィコ横浜で行われた“最後の”握手会に登場した。

 厳戒態勢の中、握手はせず会話のみが行われ、山口は「一人一人と目を合わせることが出来る握手会が大好きでした。たくさんの思い出をありがとう。この日のために生きていたんだと思うくらい幸せでした」と挨拶した。同日、山口、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人の卒業公演を18日にNGT48劇場で行うことを公式サイトで発表。アイドルとしての山口はこれが見納めとなる。

 一方、暴行事件に関してネット上では犯人捜しが過熱するばかり。戸賀崎AKB元総支配人に脅迫メールが届くなど、事態はさらにドロ沼化。AKBのご意見番・指原莉乃(26)は5日のテレビ出演で、秋元康はAKSのトップでなくクリエーティブに関わっているだけで、事件に関してはAKSが勝手に動いている旨をコメント。指原がHKTに左遷された時のような“ツルの一声”は期待できない様子である。6日の握手会では早川NGT支配人らに対しファンが物申す「支配人の部屋」も開かれたが、参加したファンによると具体的な改善策は提示されず、納得のいく回答は得られなかったという。「企業がダメになる典型的なパターン。元支配人のやり方は、組織の人間としてありえない」(NGTファンのメーカー会社員)とモラルの低さを指摘する声も。アイドル研究家の北川昌弘氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る