NGT山口真帆は卒業公演決定でも 明かされない“事件の真相”

公開日: 更新日:

 NGT48の山口真帆(23)が6日、パシフィコ横浜で行われた“最後の”握手会に登場した。

 厳戒態勢の中、握手はせず会話のみが行われ、山口は「一人一人と目を合わせることが出来る握手会が大好きでした。たくさんの思い出をありがとう。この日のために生きていたんだと思うくらい幸せでした」と挨拶した。同日、山口、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)の3人の卒業公演を18日にNGT48劇場で行うことを公式サイトで発表。アイドルとしての山口はこれが見納めとなる。

 一方、暴行事件に関してネット上では犯人捜しが過熱するばかり。戸賀崎AKB元総支配人に脅迫メールが届くなど、事態はさらにドロ沼化。AKBのご意見番・指原莉乃(26)は5日のテレビ出演で、秋元康はAKSのトップでなくクリエーティブに関わっているだけで、事件に関してはAKSが勝手に動いている旨をコメント。指原がHKTに左遷された時のような“ツルの一声”は期待できない様子である。6日の握手会では早川NGT支配人らに対しファンが物申す「支配人の部屋」も開かれたが、参加したファンによると具体的な改善策は提示されず、納得のいく回答は得られなかったという。「企業がダメになる典型的なパターン。元支配人のやり方は、組織の人間としてありえない」(NGTファンのメーカー会社員)とモラルの低さを指摘する声も。アイドル研究家の北川昌弘氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る