山田邦子“アラ還”の乱心<下>一世を風靡したプライドが仇に

公開日: 更新日:

 宮沢りえがヘアヌード写真集の発売などで世間を驚かせ、芸能マスコミの関心をほぼ独占していたころ、りえの行きつけの六本木のカラオケバーに、山田邦子はいた。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「深夜とあってか、お客さんは邦子さんらだけ。邦子さんは甲斐バンドの甲斐よしひろさんと、おふたりで飲んでらっしゃいました。こちらはカメラマンと編集者とぼくの3人組。狙いはもちろん、りえさんでしたから、邦子さんたちと居合わせても、すぐに直撃などとは思わない。お腹がすいていたし、お邪魔にならないよう、僕らは僕らで楽しくやっていたんです」

 りえの写真集「Santa Fe」の発売は1991年。山田邦子は1960年生まれのため、30歳そこそこという年代だ。

 すでにバラエティーに女優、歌も出す売れっ子で、「右手をご覧ください。一番高いのが中指でございます」などのギャグで一世を風靡していた。流行語になった「ぶりっ子」も、山田発とされる。そんなスターであったが、このときは青山氏らマスコミの男たち3人と店内でカラオケ歌合戦を繰り広げたのだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  3. 3

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  4. 4

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  9. 8

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

  10. 9

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る