山田邦子“アラ還”の乱心<下>一世を風靡したプライドが仇に

公開日: 更新日:

 宮沢りえがヘアヌード写真集の発売などで世間を驚かせ、芸能マスコミの関心をほぼ独占していたころ、りえの行きつけの六本木のカラオケバーに、山田邦子はいた。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「深夜とあってか、お客さんは邦子さんらだけ。邦子さんは甲斐バンドの甲斐よしひろさんと、おふたりで飲んでらっしゃいました。こちらはカメラマンと編集者とぼくの3人組。狙いはもちろん、りえさんでしたから、邦子さんたちと居合わせても、すぐに直撃などとは思わない。お腹がすいていたし、お邪魔にならないよう、僕らは僕らで楽しくやっていたんです」

 りえの写真集「Santa Fe」の発売は1991年。山田邦子は1960年生まれのため、30歳そこそこという年代だ。

 すでにバラエティーに女優、歌も出す売れっ子で、「右手をご覧ください。一番高いのが中指でございます」などのギャグで一世を風靡していた。流行語になった「ぶりっ子」も、山田発とされる。そんなスターであったが、このときは青山氏らマスコミの男たち3人と店内でカラオケ歌合戦を繰り広げたのだそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る