山田邦子の猛批判が波紋…所属プロとの間にある“深い溝”

公開日: 更新日:

 山田邦子(58)が4月29日の自身のブログで所属事務所を批判する文言を掲載し波紋が広がっている。

「39年所属しておりました太田プロダクションの事務所スタッフには誰ひとりも観てもらえなかったことがとても残念でした。この事は新しい令和の年に向けいろいろ整理が付く、出来事にもなりました。残念です」

 山田が「観てもらえなかった」と嘆いているのは、4月27、28日に歌舞伎座(東京・銀座)で行われた「長唄杵勝会」の公演。山田は芸能生活40周年記念として、この公演の大トリを取っていた。「いろいろ整理が付く、出来事にもなりました。残念です」とは、“最後通牒”とも受け取れるキツい表現だ。

 これに対し、同じ太田プロ所属の後輩芸人・有吉弘行は「(事務所を)やめるな」などと自身のラジオ番組で発言。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る