山田邦子“アラ還”の乱心<上>悪いのはスタッフか本人か?

公開日: 更新日:

「あんた、それはセクハラよ」が、山田邦子(58)の口癖らしい。直撃取材などで記者が質問すると、そう言って混ぜっ返すのだという。

 所属の太田プロへの不信感から、独立をほのめかしている山田の騒動は、事務所スタッフとのコミュニケーション不足に原因があるのかも知れない。ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「邦子さんが『オレたちひょうきん族』などで大ブレークした80年代はとんねるずの石橋さんがそうであったように、体育会系といいますか、売れっ子がお付きのスタッフをぶん殴ったりしていた。それでも、ヘヘエとかしずくのが普通で、従わなければ干されるか飛ばされていたように思います。そんな時代が終わり、石橋さんは仕事が激減しましたが、失ったら失ったで仕方ないと、バタバタしなかった。邦子さんはどうだったのでしょう」

 事務所への不信感を募らせた理由のひとつとして、山田はブログで、先月歌舞伎座で開催された「長唄杵勝会」を挙げ、こうつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る