山田邦子“アラ還”の乱心<下>一世を風靡したプライドが仇に

公開日: 更新日:

「邦子さんは『カメさんチーム』、僕たちは『ゾウさんチーム』でしたか、司会者のようにマイクを持って、盛り上げてくれたのを覚えています。このときのカメラマンは自衛隊上がりで、自衛隊の『月月火水木金金』を彼が歌うと『キャーッ、おもしろい』と喜んでいた。とてもフランクで、深夜というのに、大盛り上がりでした」

 タレントと芸能マスコミが同じ店で鉢合わせすることはないことはないが、そうそう親密に交流することはない。当時、好感度の高かった山田は仕事後も、感じの良い「邦ちゃん」のままだったのだ。

■太田プロは前社長の引退で世代交代が進行

 芸能生活40周年を迎えるなか、所属の太田プロからの独立騒動が持ち上がっている。歌舞伎座での記念公演に事務所スタッフが誰ひとり来なかったとして、事務所への不満をブログにつづり、独立を示唆している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る