「嫌いな女」2位に トップ和田アキ子に迫る鈴木奈々の今後

公開日: 更新日:

 1位は和田アキ子――週刊女性が女性たちが「嫌いな女」ワースト50を発表した。

 2位は鈴木奈々、3位はベッキー、4位は工藤静香、5位は泉ピン子。気になるのは、バッシングを乗り越えて新婚ホヤホヤのベッキーを抑え、鈴木が、芸能界の“ゴッドねぇちゃん”に迫る勢いということだ。

 同誌によると、〈うるさい、下品〉〈中身がないので飽きる〉などが理由のようだ。

 鈴木といえば先月、仙台で行われたプロ野球の始球式に登場したが、波紋を呼んだ。

「始球式の影響で試合開始が4分遅れに。原因は鈴木の〝遅延行為〟。緊張もあったのでしょうが、何回も何回も投球をちゅうちょし、時間だけが経っていった。野球ファンからは『早く投げろ!』と怒号が飛んでいましたね。ネット上でも〈空気が読めないヤツ〉〈目立ちたいだけ〉といった批判コメントが……遅延が影響してリズムが狂ったのか、地元投手が2回までに5失点し、球場の空気は異様でした」(スポーツ紙デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る