「嫌いな女」2位に トップ和田アキ子に迫る鈴木奈々の今後

公開日: 更新日:

 1位は和田アキ子――週刊女性が女性たちが「嫌いな女」ワースト50を発表した。

 2位は鈴木奈々、3位はベッキー、4位は工藤静香、5位は泉ピン子。気になるのは、バッシングを乗り越えて新婚ホヤホヤのベッキーを抑え、鈴木が、芸能界の“ゴッドねぇちゃん”に迫る勢いということだ。

 同誌によると、〈うるさい、下品〉〈中身がないので飽きる〉などが理由のようだ。

 鈴木といえば先月、仙台で行われたプロ野球の始球式に登場したが、波紋を呼んだ。

「始球式の影響で試合開始が4分遅れに。原因は鈴木の〝遅延行為〟。緊張もあったのでしょうが、何回も何回も投球をちゅうちょし、時間だけが経っていった。野球ファンからは『早く投げろ!』と怒号が飛んでいましたね。ネット上でも〈空気が読めないヤツ〉〈目立ちたいだけ〉といった批判コメントが……遅延が影響してリズムが狂ったのか、地元投手が2回までに5失点し、球場の空気は異様でした」(スポーツ紙デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る