沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

公開日: 更新日:

 最近、沢尻エリカ(33)の“露出”が急増している。今月22日から5夜連続で放送されるテレビ朝日開局60周年記念ドラマ「白い巨塔」では主人公・財前五郎(岡田准一)の愛人役を演じ、9月公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(松竹系)では小栗旬が演じる太宰の愛人役を務める。

 さらに来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では織田信長(染谷将太)の正室・帰蝶(濃姫)を演じる。先月行われた制作発表でNHK側は、沢尻について「濃姫の“気高く気が強い”“意志が強く美しいイメージ”からキャスティングしました……」と説明。それを聞いた沢尻は目に薄っすらと涙を浮かべ、「(女優)20周年にしてやっと大河に出演することができました。本当にうれしく思います」と噛み締めるように語った。

 無理もない。2007年に映画「クローズド・ノート」のプロモーションの席でコメントを求められて「別に……」とふてくされたようにコメントして大バッシングを浴びてからの沢尻は不遇の連続だった。あの騒動の2年後には所属事務所を解雇され、テレビの露出は大幅に減った。失ったのは仕事だけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る