• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有村架純も結成? 芸能界で幅利かす“最強女子会”はどれだ

 最近、有村架純(25)が“女子会”にハマっているらしい。発売中の「女性自身」(4月17日号)が、映画「コーヒーが冷めないうちに」(今秋公開)で共演した波瑠(26)、吉田羊(44)、石田ゆり子(48)らと会食を開いたと報じた。芸能関係者は、「すわっ、『有村会』結成か」と色めき立っている。

 というのも、数週間前には、高畑充希(26)が自身のインスタグラムで“豪華すぎる女子会”の画像を公開して、「高畑会」の存在を知らしめたばかり。2014年に公開された映画「女子ーズ」で共演した桐谷美玲(28)、山本美月(26)、藤井美菜(29)らが一緒に写っているのだが、その中には有村もいた。見方によっては、「高畑会」から“独立”に動こうとしているとも捉えられかねない。

 芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「高畑と有村がいがみあうとか、対立することは考えられませんが、2人に“女子会”の開催を依頼する女性タレントが後を絶たないのだと思います。最近の芸能界で女子会といえば、ハリセンボンの近藤春菜(35)の『春菜会』が有名です。吉高由里子(29)を筆頭に、安室奈美恵(40)、本田翼(25)、ベッキー(34)ら各ジャンルのトップクラスが並びます。ビッグネームと接近できれば、大きな仕事につながることもあるかもしれません。だから『春菜会』に入りたがるキャリアの浅い女性タレントたちが後を絶たないといわれています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る