てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

公開日: 更新日:

「70歳越えると女子も開き直るんです」(純烈酒井一圭フジテレビ「おかべろ」5月1日放送)

 ◇  ◇  ◇

 熱狂的マダムのファンが多いムード歌謡グループ「純烈」。ファンサービスの写真撮影では、抱きついたりなど体の接触も少なくない。それでもまだ60代の女性は恥じらいがあるというが、70代になると容赦がないらしい。それをリーダーの酒井一圭(43)が形容した一言が今週の言葉だ。

 昨年末、念願の「NHK紅白歌合戦」に出場した直後、メンバーの友井雄亮の不祥事が発覚し脱退。4人になったが、それでもマダムたちは義理堅く彼らを応援し続けている。

 彼らがさまざまな紆余曲折を経て、純烈にたどり着いたことは有名だ。中でもリーダーの酒井は特異である。9歳の頃、「逆転あばれはっちゃく」(テレビ朝日)で5代目はっちゃく役で主演デビューを果たすと、2001年には「百獣戦隊ガオレンジャー」(テレビ朝日)のガオブラック役で特撮ヒーローも経験した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  8. 8

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る